• 神戸で賃貸住宅を探すなら

    神戸エリアで賃貸住宅を探す場合には、毎月の家賃の金額に惑わされてしまいがちです。しかし、初期費用についてもしっかりと比較しておく必要があります。



    賃貸住宅を神戸で借りるとなった場合には、初期費用として高額なお金が必要になることもあります。



    そのために、引っ越しをしたくても初期費用が貯まるまではしばらく見合わせなければならないということもあります。


    また、高額であっても初期費用の中には万が一の備えとして預けておくものもあり、何もなければ最終的に自分に戻ってくるものもあります。そのために、費用をかけるべきものと抑えたいものをしっかりと把握しておく必要があります。


    神戸で賃貸物件の契約をするときに必要な初期費用として、礼金や仲介手数料があります。礼金では、その物件を貸してくれる大家さんへのお礼のお金であり、仲介手数料では紹介してくれた不動産屋さんへのお礼となります。


    自分の気持ちの金額で渡すのではなく、事前にこの物件の場合には家賃の何ヵ月分が必要であるというのが指示されていることになります。お礼として渡すものでもあるので、もちろん自分に戻ってくることはない費用になります。

    一方、敷金は家賃を滞納してしまった場合や、退去後に壁や床、設備を壊してしまった時の修理費用となります。毎月きちんと家賃を納め、借りた時と同じような状態で部屋を引き渡せば自分に戻って来るお金でもあるので、高くても備えとして用意しておけば安心です。